結婚式カンタータ

  結婚式カンタータ      
正しい人に光さし出で BWV195 しりぞけ物悲しい影   BWV202 喜び高く舞い上がれ  BWV 36c 尊きレオポルト殿下よ BWV 173a クォドリベット

 シャガール

結婚式カンタータ 34a,120a,195,196,197,202,210,216
正しい人に光さし出で BWV195
1732、1745 結婚式 基本コラール パウル・ゲルハルト 「いざこぞりて感謝し、栄光を帰しまつれ」(1647) 本曲はバッハの最後期の結婚カンタータの一つである。
初期稿は1741年9月11日に挙行された、法律顧問でナウムブルグ市長であったG.H.Bingとトマス教会の牧師の娘エレオノーラ・シュッツ(ハインリッヒ・シュッツの姪)の結婚式で演奏されたと推定される。歌詞は、新郎新婦を暗示する表現を用いているが、本曲は「正義(Gerechtigkeit)」ということばから新郎が法律家であったことがうかがえるとしている。(バッハCD全集、坂崎 紀) 「正しい人」(Gerechten義しい人たち)について 本曲に4回でてくる。「義しい」は神に,道徳的、法律的正しさというより、神に対する誠実、おそれ敬う敬虔からでてくる態度や行為と考えられている。新郎と新婦は、神の前に誓いを立て、結んだ契りを、神は祝福して、結婚生活をスタートして、終わりの完成に導く。歌詞からこういう内容を読み取ることができる
しりぞけ物悲しい影よ BWV202
成立年代は不明で、親しい知人の結婚式を祝うための作品であったと考えられている。全9曲からなり、ギリシャ神話を題材にした上品な作品で、ソプラノ用の独唱曲であることから、数多くのソプラノ歌手が挑戦してきた作品である。
成立年代は不明で、親しい知人の結婚式を祝うための作品であったと考えられている。全9曲からなり、ギリシャ神話を題材にした上品な作品で、ソプラノ用の独唱曲であることから、数多くのソプラノ歌手が挑戦してきた作品である。 成立はもっと古く、ケーテン時代(1717年 – 1723年)に遡るといわれている。さらに遡ってヴァイマル時代の作品である可能性を示唆する学者もいる。 (wikipediaより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です